最寄り駅サーチ v1.1.3

Androidアプリ「最寄り駅サーチ」ですが、直接位置を設定する機能を追加しましたのでお知らせします。

追加した機能の解説

メイン画面の右上にあるメニューに「緯度経度から探索」を追加しました。

Screenshot_2015-05-22-00-01-01

この項目を選択すると、次の画面のように緯度・経度から座標を直接入力し、その座標からの最寄り駅とその周辺駅を表示することができます。ここでは「東京スカイツリー」の座標をGoogleMapから検索して直接位置情報を入力した結果を表示しています。

Screenshot_2015-05-22-00-01-32

地図からいちいち緯度と経度を探すのは面倒なので、駅名から検索できる機能も追加しました。例えば駅名に「我孫子」と入力すると、内蔵しているデータベースから駅名を前方一致(文字の先頭部分が一致しているもの)で検索しにいきます。

Screenshot_2015-05-22-00-02-08

 

前方一致ですので、東我孫子駅を表示させるはできておりません。後方一致に対応させようとするとデータベースの処理に負荷がかかりますので処理を入れないままとしています。

ここで常磐線の我孫子駅を選択すると、我孫子駅の座標が自動で入力され、結果を表示します。

Screenshot_2015-05-22-00-02-44

また、路線名から駅名を選択することもできます。例えば路線名に「東急」とだけ入力したとします。

Screenshot_2015-05-22-00-03-22

 

ここで探索ボタン(またはソフトキーボードの虫眼鏡アイコン)を押すと、路線の検索結果が表示されます。

Screenshot_2015-05-22-00-03-12

 

ここで路線を選択することで、路線に属している駅名リストが表示されます。

Screenshot_2015-05-22-00-03-35

もし誤って別の路線を選択しても、路線名の入力をやり直すか路線名側の探索ボタンで再度路線を選択することができます。

駅を選択することで、座標の自動入力と探索結果が表示されます。

Screenshot_2015-05-22-00-03-44

同じ路線で別の駅も調べたい場合は、この状態で「駅名から探索」を選択します。すると再び同じ路線から駅を選択することができます(レジューム機能)。

 

Screenshot_2015-05-22-00-30-49

 

レジューム機能は駅名を選択して座標を自動入力できた場合のみ有効です。戻るボタンで戻った場合は検索結果はクリアされます。


 

今回はこれらの機能をv1.1.3としてリリースいたします。
機能の一部はすでにv1.1.2として公開済みですが、v1.1.3のリリースで実装完了となります。
5/22(金)AM0:00ごろアップしましたので、Playストアの反映までは多少時間がかかります。

今後については時間が作れたらボチボチやっていきます。
それでは、また。


あわせて読みたい